ステインも(染色塗料)水性化

2021/02/22 スタッフブログ
logo

近年環境問題が進む中、水性塗料が一般的になっておりますが、木部の着色塗料(屋内木部等)も水性化しております。われわれ塗装業界では、オイルステイン仕上げ(染色仕上げ)と言って、着色剤(溶剤顔料着色剤)を使用し、その後にクリアー(中塗り・上塗り)を行うのですが、その着色剤も水性化してきています。もちろん溶剤型の着色剤もまだまだ使用されておりますが、公共の施設等環境基準が厳しい所は、この着色剤を用いて作業を行います。

水性タイプは塗装ムラができやすい、といったデメリットもありますが、塗装ムラがおき難く、透明性の高い塗料も出ております。

私たちがよく使うアクレックス ネオステイン

T-VOC1%未満がこれにあたります。

和信化学工業株式会社から販売されております。